千葉に四事務所(千葉、市川、津田沼、成田)、茨城鹿嶋 地元千葉密着の弁護士が売掛金・債権回収に尽力します。

千葉 売掛金・債権回収 市川 津田沼 成田 かしま 弁護士法人リーガルプラス

相談予約はこちらまで 市川0120-006-078 津田沼0120-272-273 成田0476-20-3031 かしま0299-85-3350

  • 弁護士紹介
  • 事務所アクセス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • HOME
  • 回収の流れ
  • 回収のコツ
  • 費用
  • 弁護士のご紹介
  • アクセス
  • Q&A

千葉の地元弁護士が債権回収に尽力します!

saiken_h01.jpg

saiken_img02.jpg
 

税理士法人リーガル東京が選ばれる7つ理由

安定した企業経営には、売掛金・債権のスムーズな回収が不可欠です。取引先からの入金が遅れたり、取引先が倒産してしまえば、会社の資金繰りに大きなダメージを与えます。
 
リーガルプラスでは、売掛金回収、債権回収のために必要な法的手続きや有効なテクニックを日々研究し、実践しています。未収のケースに応じて、有効な債権回収手段や方策をご提案できます。また、継続的な顧問活動によって、未収の売掛金や債権をどのようにすれば防げるかについてもお手伝いできます。
 
もし売掛金回収、債権の回収のトラブルを抱えている場合やトラブルの可能性を少しでも減らしたいとお考えの企業様は、リーガルプラスの各事務所へご相談ください。

弁護士法人リーガルプラス 代表弁護士 谷 靖介

ワンストップワービスを実現した多種多様な解決事例

  1. STEP1 ご相談・ヒアリング
  2. STEP2 戦略立案
  3. STEP3 回収方法のご提案
  4. STEP4 債権回収の実行
  5. STEP5 回収完了

回収せずに放っておくと、時効になってしまいます

実は債権にも、時効があります。 友人・知人・親戚に、個人として貸したお金であれば、10年で回収できなくなります。 業務上の取引では、5年で時効になるのが原則です(特に取り決めがない場合)。 その他、民法の規定では、3年、2年、1年で時効が成立する債権を、明確に定めています。 ですから、債権をきっちり回収するためには、時効になる前に行動することが大切です。
 

時効の中断を申請する必要があります!

時効の援用を防ぐには、まず「時効の中断」をしなければなりません。これは時効までの時間を一時的に止めることではなく、現在までの経過時間を0に戻す手続きの事です。例えば時効が2年間であったら、時効の中断が認められた時から新たに2年経過で時効の援用が可能になります。
債権回収の場合、時効中断事由は「差押、仮差押、仮処分、債務者の承認、訴訟の提起(請求)、支払督促(請求)」となります。

※内容証明でも暫定的に中断は可能ですが、6か月以内に仮差押、仮処分、訴訟の提起(請求)をしなければなりませんのでご注意ください。

当事務所では、初回のご相談を無料で行っております。 どうしたらいいのか分からない方は、まずはご相談いただくことをお勧めします。 初回から本気でお聴きしますので、どうそご安心して、ご相談ください。

顧問料無料プランあり! 詳しくはこちら

saiken_h02.jpg


saiken_img04.jpg
 

債権回収に関するご相談 お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせはこちら

弁護士法人リーガルプラス

市川0120-006-078 津田沼0120-272-273 成田0476-20-3031 かしま0299-85-3350

Copyright (C) 弁護士法人リーガルプラス . All Rights Reserved.